受験生のご父兄の皆様へ

お子様の進路で困っていませんか

今年も終わろうとしているのに、進路が決まらない。真剣に向き合っている様子がない。何をやりたいのか、希望があるのかさえも分からない。あるいは、何をどう勧めたらよいのか分からないといったことでお困りになっていませんか。

高校の進路指導では、多くの場合、まずは大学への進学を勧め、それがかなわない状況になってはじめて専門学校という進路選択が出てくるのではないでしょうか。しかし、大学受験には、お金がかかります。たいてい受験は1校で収まりませんし、第1希望の大学に受かるとも限りませんし、いわゆるすべり止め大学に入学金を支払って第1希望の大学に落ちたときの対策を打たなければならないこともしばしばです。入学後は、さらに、大きなお金がかかります。年間の学費だけで、一人100万円を超えるケースは珍しくありません。

「何をやりたいのかはっきりしないのなら、とりあえず大学へ」という進路指導が、高校にはあると聞いたことがありますが、何をやりたいのかがはっきりしない生徒が大学へ行ったからと言って、やりたいことが見つかる保証はありません。就職活動の時にまた同じことが起きないとも限りません。

さらに、就職したからと言っても定着率が低くなっているのがこの頃の顕著な傾向です。ある試算によると、大学へ行かせることは、子供にとっても、親にとっても、かつてのようなよい投資ではなくなったと指摘されます。お金ばかりかかってリターンが期待できない。それが昨今の大学進学の抱える問題になっているのです。それでも、お金に余裕のある場合なら、志望校に受かるまでは何年でも浪人に付き合うことも可能でしょう。しかし、そんな余裕がないのが現実ではないでしょうか。

 

相模原ビジネス公務員専門学校という選択肢

そこでどうするのか。家計の負担を最小限に抑えつつも、子供に将来につながる確実な進路を提供する。その一つの答えが、学校が学生を選ぶのではなく、学生が学校を選ぶSS(セレクトスクール)入試の相模原ビジネス公務員専門学校にあります。たとえば2浪して失敗すれば何も残らないその2年間で、大学レベルの基礎教養の教育とともに、就職に直結する技能と資格の教育を、一人ひとりの学生の人間としての自立の芽も育てながら、私立大学初年度分の納入金でご提供いたします。

人生100年時代の今、もはや大学での学びは、やりたいことが出てきてからで何の問題もありません。100年のうちのどこかの4年間で学びたいことが出てきたら大学へ行けばよい。しかも、自分のお金で400万円を工面して学べばよいのです。なぜなら人のお金で学んだことは身につかないからです。大学のブランドだけで終身雇用が約束されていたのは、もう遠い昔の話です。だから、親が無理に負担する必要はないのです。本人が、自分のキャリアの中で本当に学びたいことを必要に応じて自己資金で学べばよいのです。

とはいえ、高卒ですぐに就職というのは、専門性があまりにもなさ過ぎて本人も、親御さんも不安なことでしょう。そこで、専門学校です。まずは2年間、就職に結びつくスペシャリストとしての技能・資格を身につけて、社会に出る。ところが、専門学校の学費も、一般的には、私立大学並みに高いのです。期間は2年間ですが、それでも負担は相当なものです。

 

2年間分のお金と時間を最大限に生かす

相模原ビジネス公務員専門学校の観光学科であれば、卒業まで学校への納付金は、120万円(ゲーム学科・公務員学科は130万円)です(これ以外にも教材費等がかかります)。分納も可能ですし、午後の時間がゆったりした時間割ですから、学生自身がアルバイトもできます。

この手作り感満載のHPを見ていただければわかるように、本校は、こうした部分の経費をできるだけ抑えることによって、教育の質を落とすことなく、低価格の維持に努めているのです。ただ、安かろう悪かろうということは決してありません。小規模の専門学校ならではの新機軸のカリキュラムを用意して、学生の「心の声を聴かせて」もらうところから始め、一人ひとりを大切に「誰も置き去りにしない」教育を展開します。自分な好きなことを仕事にすると言っても、その自分を見つけられないのがこの頃の子どもたちです。そこからしっかり育てていければ、経済的な自立にも直結するものと考えます。2年間のお金も時間も無駄にはしません。どうぞご安心ください。

とはいえ、何の実績もない新しい専門学校です。ご心配もおありかと思います。まずは、説明だけでも聴いていただけないでしょうか。オープンキャンパスのほか、個別の相談も受け付けております。お気軽にお声がけください。

オープンキャンパス・個別相談の申し込みはこちらから。